じゃあ、サラリーマンが副業やる時、どんな方法をとればいいんだ?

副業解禁が当たり前になった今、こぞって収入を増やそうとして、副業を始める人も多いと思います。

単純に、今あるスキルを活かして、得意なことを副業にするのが一般的ですかね?

例えば、ランサーズなどのクラウドワークスに登録して、何かの外注先に自分がなって、作業に対して収入を得る。これ、誰でも思いつくと思うんですが、実際には、労働時間が伸びているだけの収入の形なので、結構きついと思います。


何かの作業をして「いくら」の形なので、個人事業主とはいえ、収入の形は「労働に対する対価」な訳です。これの時間を増やしたものを、フリーランスなんて呼んだりしますけど、結構大変だよなぁと思っています。

もちろん、仕入れのない商売なので、リスクが少ないし、赤字があまりないのかなと思いますが、リソースが自分のスキルと時間になっちゃうので、大変です。


副業を「経営者」になるつもりで、考えていくと、「仕組みを作ってお金を生み出す」という形になるので、これだと自分の作業時間が少ないけれど、収入や時間が増えていくんじゃないかなと考えてます。


例えば、ランサーズに登録するところまでは同じで、自分自身が外注先を持ち、そちらに仕事を依頼して、上がってきたものを納める。これだと、自分自身は作業せず、他人に作業をお任せしてしまっているので、極端な話、1日に100個の仕事を納品することも可能になるわけです。

その代わり、マネジメントや受注の窓口の仕事も出てきてしまうので、この部分も外注してしまえば、お金を生み出す仕組みの出来上がり。

簡単そうに書いていますが、仕事を受注することができなければ、何も始まらないですよね。

仕事も依頼が来るようにするための仕組みと、依頼された仕事をこなせるだけの仕組みをつくったからこそ、お金を生み出す仕組みが作れたわけなので、経営者的な収入の得かただなと思います。


ただ、ランサーズなどに登録しているライバルも多いので、たくさん仕事を受けることができても、今後は単価がどんどん下がる傾向になると思います。本業でやっている方は大変かなと。


「スキルがすごい」を極めようとすると、希少性を出すのがとてもきついと思います。

それよりも、掛け算で、ライティング×HTML×フォトショップ とかできるようになると、仕事の幅が広がります。この3つができると、webページを作ることと、文章作成両方ができるので、依頼主からしてみれば、仕事を丸投げできる相手になりますから、相当便利に使ってもらえます。


実際に、そういう人を探してみると、意外にも少ない。でも、この3つが掛け合わさった場合と、ライティングだけめちゃくちゃスキル高いという状態を比べた時に、仕事の依頼の入り方は前者の掛け算した方が多いのが事実です(エビデンスがあるわけでなく、僕の実感値です。すいません。)


じゃあ、それをどのように生かすかというと、自分が作りたい仕組みを作る際に、チームの仲間になる人に教えてあげれば良いわけです。すると、自分のスキルを相手に身につけてもらうことができますし、さらにいうと、もっと磨いてくれる人も中には出てきます。


すると、他にはない仕組みを作り上げることができるようになります。


おいおい、「ライティング×HTML×フォトショップ」なんて誰にでもできるよ!ということであれば、ここにもう一つ「ジャンルに対しての知識」というものを掛け合わせれば無敵です。

例えば、「サプリ(体)の知識×ライティング×HTML×フォトショップ」となると、一気に専門性が高まって、その手のお店のコンテンツ制作依頼やサイト制作依頼が、丸投げ状態で入って来るようになります。もちろん、専門性を磨くと、収入がアップするというおまけ付きです。


で、ジャンル選びがとても大切なのですが、ここコツがあって、「潤っている業界」に絞ることをお勧めします。儲かっていない業界の専門知識に長けている場合、依頼の金額が極端に下がります。こればっかりは、依頼者あっての話なので、単価が下がると数をこなさなくてはならず、さらに言えば、自分が作ったチームのみんなに対しても、良い報酬を配ることができないため、みんなで貧乏暇なしをやらないとならなくなってしまうわけです。


これ(仕組みで稼ぐ)を応用すると、ユーチューバーは良い例ですね。

自分が作った動画(仕組み)に対して、広告を貼り、そのクリックによって生計を立てているので、動画が働いてくれている状態です。


また、オンラインサロンの経営も良いかもしれません。

様々なお悩みを抱える人の駆け込み寺のようなオンラインサロンを複数作り、そこの管理人(専門分野の知識が豊富な人)にロイヤリティ的に月額の売上の50パーセントをお支払いする方法とか。


ただ、とにもかくにも、集客という部分には詳しくなっていないと、どうにもこうにもいきません。

基本的に集客に対して話し始めると、一晩あっても足りないくらいなので、強引にまとめるとですね、基本は広告、もしくはコンテンツ(記事)での集客となりますので、ここも仕組み化して、永遠にに集客をし続ける方法をとると良いと思います。


コンテンツ制作に関しては、僕も運営しているゲキサコTVで詳しくお話ししています。

古屋悟司の気づきと備忘録

管理会計とマーケティング。 商売している目線で見た気づきを共有します。

0コメント

  • 1000 / 1000