ホワイトデーに名古屋で人生変わるかも!


「決算書が読めない」のと、「決算書が作れない」のは意味が全然違うんだけど、

会計や数字に強くなりたいと言って、「簿記習いまーす!」とやっちゃう人がいる。

無駄とは言わないけど、時間が勿体無いので、そこからやる必要もないんじゃないかなって思う。


簿記は決算書を作るための勉強だから、今は勝手にソフトがやってくれるから、できなくても問題ないんですよね。フリーとか、MFクラウドとかあるから、問題ない。


もっというと、作れても、何をどう動かせば、会社の経営がうまくいくのか。その意味がわからないと、なんの役にも立たないので、そういうのは、専門家に投げちゃっていいんじゃないかって僕は思う。


「決算書を読む」というスキルをつけようと、一生懸命本を読む人が多い。

とても熱心だと思うし、否定しないし、読めないより読めた方がいい。

でも、自社にとって、何をどうすればうまくいくのかっていう部分の「予測」や「勘所」みたいなものが、間違っちゃうと、経営の修正ができなくなっちゃうので、本末転倒。


じゃーどうすれば良いのかということなんだけど、今まで肌感覚でやっていたことを、ちゃんと「見える化」できればいいわけで、それをするために決算書が必要になってきたり、管理会計が必要になってきたりするわけです。


僕も偉そうなことは言えなくて、わずか数年前まで何もわからなかったんです。

もうほんと、恩人としか言いようがない税理士さんに出会って変わった。

それは僕の本にも書いてあることなので、ぜひ読んで欲しいです。


話は変わって、3月14日。ホワイトデーの日に、名古屋のEC団体TEKさん主催で、

「管理会計のワークショップ」をやることになりました。

みっちり3時間。数字と向き合うワークショップです。


ぶっちゃけ、数字が嫌いとか、苦手って言う人は、行きたくないと思うであろう、このワークショップ。

和歌山でも同じものをやりましたが、50人ほどご参加いただいて、寝た人は0人。

新潟でもやりましたけど、寝た人は0人。


眠くならない「管理会計のお話」と言うことがウリになってます(ちょっと自慢)


実際に何をやるのかと言うと、

決算書を元にして、「経営の改善ポイントを探っていく」と言う内容です。

だから、自社の決算書を持ってきた方が得です!


・自社の儲けパワーが今どれくらいなのか?

・損益分岐点売上はいくらなのか?

・今使っている広告は赤字なのか黒字なのか?

・どうすれば、費用対効果の高い施策が見つけられるのか?


この辺のことが全部丸見えになります。


数字嫌い!!会計嫌い!てかもう、蕁麻疹でる!!!

と言う方に、ぜひ来てもらいたいワークショップです!

数字の見え方が、ガラガラと音を立てて変わって行きますから!!


お申し込みは下記リンク先から


あと、その辺がわかった上で、施策を作りまくって、一気に業績を変えてしまう。

そんな1dayワークショップがあります。


例えば、とある飲食店の場合は、わずか1ヶ月で赤字から黒字へとV字回復。

とある花屋さんは、これを実践し始めてから、前年比を下回ったことがありません。(あ、これウチだw)


当たり前の話なんですが、お金を使って売上を上げるのは簡単です。

でもそれだと、利益が出ないことって多いです。

お金を使わずに売上を上げる方法もありますし、小予算で売上を上げる方法もあります。

これがいわゆる費用対効果と言われるもので、費用対効果の高い方法を見つけちゃえば良いのですが、それがなかなか見つからないのが現状。。。


でも、実は、まだやっていない方法っていっぱいあって、それを片っ端から考えてやり尽くすことを考える時間って、みんな取れてないんですよね。

その時間を、1日でいいから取って、あれこれ考えたり、アドバイスをもらったり、他人の事例を参考にしたりしながら、計画を作っていこうと言うのが趣旨です。


一気に変わりたい方は、6月のこれにぜひ来てください。

あとね、まだ読んでない方は、僕の本読んで!!

そして、まだレビューを書いていない方は、書いて!お願い!!

古屋悟司の気づきと備忘録

管理会計とマーケティングと旨いもの。 商売している目線で見た気づきを共有します。

0コメント

  • 1000 / 1000