古屋悟司@やっと新しいTwitterアカウント再始動!

人気の花屋「ゲキハナ」を運営。1973年生まれ
2004年順調だった営業マンを辞め、たった1ヶ月の研修ののち、花屋を開業。
いきなり閑古鳥が鳴くようになり、背水の陣でネット販売に着手。
売上はうなぎ上りになったが、数年後、決算書を見るとずっと赤字だった事に愕然とする。
その後、会計を学んだことをきっかけに、倒産の危機を乗り越え、V字回復に成功。
以降、黒字を継続中。現在はゲキハナの運営に加えて、「黒字会計.jp」のサイト運営や管理会計ソフトの販売を通じて、小さな会社を中心に「黒字化のノウハウ」を紹介してい

社長はなぜ決算書を見せてくれないのか?

今日は副編集長の川上さん、共著の田中先生と三人で、2冊目の本のキックオフミーティング。

週末あたりから書き始めるんだけども、流れや全体の構成について、

アイデアを振り絞る。

振り絞る。

絞りに絞る。


煮詰まる・・・。(笑)




ぶっちゃけ、お勤めされてる方向けの数字の本なので

どれだけわかりやすく書くかって言うのがポイントなんだけども。

まー、それは置いといて。


雑談で上がった話の中で、とても面白かったのは

「なぜ社長は決算書を社員に見せないのか?」

と言う、永遠の謎。


うちは見せちゃう方だけども、

まー、見せない時期もあって、

そりゃね、社員に安い給料払って、

自分の役員報酬はたっぷり、接待交際費使いまくり

そりゃ、見せづらいよねーと。


あとね、見せない理由の一つに、

「見せたら社内がざわつくんじゃなかろうか?」と言う心配事もある。

利益がこれだけ出てるのに、なんで給料増えないんだって言う。

でも、利益があっても、キャッシュがあるとは限らないし、

内部留保もある程度ないと、何かの時に本当大変。

その辺の説明するのめんどくさいし、ってことで、見せない場合もある。


うちの場合は、人数も少ない会社なので、

そこは全部説明して、利益がいくらになったら、君の給料これくらいで

俺はこれくらいもらって、レクサス買うわ!くらいのことは言っちゃってる。


その方が、実はみんなスッキリするし、

同じベクトルで頑張れるんじゃないかなと、僕は思う。


でも、経営の仕方はそれぞれなので

他社さんのことは口を挟むことはしないけれど、

見せる派。見せない派。それぞれ言い分があると思うなー。


どっちが良いって話じゃないけど、

ここは永遠の課題ではなかろうか。


ってことで、2冊目書き始めるよ!!

近況も、随時報告していきます!お楽しみに!!


こっちは引き続きよろしくお願いしますね!

古屋悟司の気づきと備忘録

管理会計とマーケティング。 商売している目線で見た気づきを共有します。

0コメント

  • 1000 / 1000