10万円の広告を使って販売した時、何個売れば利益が出るのか?

10万円の広告を買って販売促進GO!

用意したセール品は「仕入れ500円、売価800円」。

でも、広告経由で何個売れたかがさっぱりわからない。

だから費用対効果の測定ができない・・・。終了。

多分、ここで終わってる人が多いはず。

やってる人は、おそらく、粗利300円だから、

広告費÷粗利 で、損益分岐点を出しているんだと思う。

でも、もっとちゃんと出すのであれば、

広告費÷限界利益にすべきなのね。

詳しい話は割愛するけど、ざっくり言うと、

431個販売して、トントン。

もっというと、431個売れて、利益ゼロ。

利益ゼロってことは、何もしなかったときと全く同じ。

さらにいうと、431個売れて、受注スタッフがヒーヒー言って

梱包スタッフが忙しい思いをする。

でも利益ゼロ。

新しいお客さんとの出会いの可能性は広がるから、

LTV(ライフタイムバリュー)を計算してでの販売なら、それは戦略上OKだと思う。でも、広告で利益を出そう!セールで利益を出そうと思った時には、

広告買わずに1個売ったほうが、利益が大きいわけです。

ってことは、こういうことが分かった上で、現場スタッフさんが広告の予算を組み、店舗運営ができるようになると、社長の仕事が減って、次の事業や新しい戦略を考えることができるようになる。会社の仕組み化ができるようになるってこと。

値引きも、赤字も、セールもクーポンも、ポイントだってディールだって、悪い訳じゃない。早い話が、何がしたくて、いくら投資して、どんな結果が欲しいからそのプロセスが必要だと考えられるかどうか。


そんなことを、7月26日(土)神田にて、一緒に考えたいわけです。(^^)

店舗運営者で、会社に評価されたいならマストなこと。売り上げが上がっているのに給料増えないなら、ここから見直せば一発なわけですよ!

https://www.facebook.com/events/1755868241410237/


古屋悟司の気づきと備忘録

管理会計とマーケティングと旨いもの。 商売している目線で見た気づきを共有します。

0コメント

  • 1000 / 1000