【サラリーマン向け】自分の給与を自分で稼ぐとは?

固定費<限界利益  これが黒字の基本の形。

でも雇われていると、黒字なのか赤字なのかすら良くわからない。

もしも黒字になっていなければ、1000万売ろうが1億売ろうが、社長はあなたのことを認めてくれない。

メチャクチャがんばっているのはわかっていたとしても、認めたくても認められない。形に残る評価は、したくてもできない。

最低限のこととはなんだろう?

自分の給料を自分で稼いでいる状態。それが最低限。

その状態がコレ 固定費=限界利益

会社の固定費を賄うことができて、やっと自分の給料分を働いたことになる。

もしも、あなたの会社のEC部門を5人で回しているのなら、

5人でチームを組んで、それを達成して、初めて自分の給与を稼いだことになる。

ここまでやっても、まだ社長はあなたを評価することができない。

なぜなら、会社には1円も落ちてこない。会社は損をしてない。ただそれだけの状態だから。

評価されるには、会社に得をさせてあげなくてはならない。

社長の給料を増やすということではなく、あなたも含めたみんなの会社に「お金という武器」を溜め込む仕組みを作ってあげることが大切。

10万円でも100万円でも黒字にしなくてはならない。

例えば、あなたの会社の固定費がいくらなのかわからなければ「社長!ウチの会社の固定費はいくらですか?」と聞けば教えてくれるはず。

もちろん、なぜ知りたいのかを、ちゃんと伝えてくださいね。

ーーーーー

固定費が仮に300万円だとして、

一体いくら売り上げれば良いの?

この問いがそもそもの間違いであることを知って欲しいんです。

売上は、見せかけの砂の城。

利益の伴わない売上が100億あろうが1兆あろうが、何の役にも立たないんです。

仮に、あなたの会社の平均限界利益率が30%だとしましょう。

これは、100万円売り上げると30万円の限界利益が残るという意味です。

300万円の固定費を賄うには、結果的に1000万円の売上が必要になります。

1100万円を値引きせず売り上げて、やっと30万円の利益が残る。そんな状態。

30万円を会社へプレゼントしてあげられるということです。

これを1年間続けた場合、360万円のプレゼントをしたことになる。

そして、法人税で約半分は持って行かれてしまうため、

手元に残るキャッシュは約180万円。

果たして、この金額をプレゼントした場合、あなたの給料はいくらあげることができるだろうか?

180万円のうち、半分を会社にプレゼントしたとして、90万円を5人で山分けするとしましょう。

すると、一人あたり18万円ずつもらえる計算になる。

しかし、現実問題、180万円しかキャッシュが残らなければ、次の仕入れに使ったり、新しい事業へ投資するにしても、心もとない金額です。

実際は、あなたの給与はまだ上がらない。もっと会社へプレゼントしたほうがいい。

その為にも、むやみやたらと売上を競う様にあげて行くだけではなく、自分の給与を自分で稼げているのか?会社へ利益がいくら残るのか?

そこを理解した上で、店舗運営をしなくてはならない。

だからこそ、会社に利益を貢献できる、中心人物になって欲しいんです。

評価の方法は利益だけではないのは当たり前だけれど、とても大切な評価基準の一つです。

本気の人。待ってます!!

7月29日(土)神田 限界利益インストール

https://www.facebook.com/events/1755868241410237/

古屋悟司の気づきと備忘録

管理会計とマーケティング。 商売している目線で見た気づきを共有します。

0コメント

  • 1000 / 1000