古屋悟司@やっと新しいTwitterアカウント再始動!

人気の花屋「ゲキハナ」を運営。1973年生まれ
2004年順調だった営業マンを辞め、たった1ヶ月の研修ののち、花屋を開業。
いきなり閑古鳥が鳴くようになり、背水の陣でネット販売に着手。
売上はうなぎ上りになったが、数年後、決算書を見るとずっと赤字だった事に愕然とする。
その後、会計を学んだことをきっかけに、倒産の危機を乗り越え、V字回復に成功。
以降、黒字を継続中。現在はゲキハナの運営に加えて、「黒字会計.jp」のサイト運営や管理会計ソフトの販売を通じて、小さな会社を中心に「黒字化のノウハウ」を紹介してい

大戸屋のレシピを公開すると何が起きるのか?

今日の昼ご飯は大戸屋へ。

ふと横を見ると、大戸屋のメニューのレシピを公開しているから、家で作ってみなよ!というチラシを発見。

レシピって言うのは、今まで誰もが公開したくなくて、隠しておきたい物だったはず。

でも、大戸屋は公開しちゃう。


なぜ、公開してしまった方が、大戸屋にメリットがあるのか考えてみた。


大戸屋でこの料理を食べる→レシピを見て家で作ってみる→美味しいと感じる→大戸屋は美味しいと思う→また足を運ぶ


こんな連鎖だと思う。

昔だったら、「レシピを公開したら、家で作るようになってしまって、お店に足を運んでもらえなくなるじゃないか!」と思われただろうけど、実はそこ違うと思う。


食堂が売っているのは「おいしい料理」ではなく、「料理をつく手間を省くこと」であったり「人に作ってもらう」ということ。

レシピを公開ということは、大戸屋は女性客が一人でも入りやすいお店を目指しているんだと思う。


その証拠に、五穀米ご飯が選べ、ご飯少なめは20円引きという選択肢がある。


僕が食事をしているときも、女性客が数人いたけれど、1人で入ってくる女性もいた。

定食屋なのにも関わらず、女性が1人で気軽に入れる定食屋というポジションは、今まで無かったはず。


話は変わるが、スペインのサン・セバスチャンという場所がある。

そこは、ミシュランの星付きバルが多数ある。なぜそこまで星付きのバルが増えたかというと、お店同士でレシピを交換し合っている。


お店にとっての企業秘密に匹敵するレシピを交換しあったところ、創意工夫をさらにこらすようになり、レベルがドンドン上がって、今では観光客が後を絶たないそう。

そのことに関しては、下記の本が詳しい。


非公開にする、隠す、抱え込む、独占する。

見せないことが、自分たちを守る手段と信じられてきた時代が終わり、公開することによって、みんなでシェアし、さらにより良くなって行く。そして、公開することによってファンが増え、さらに愛着がわく。


みんなで知識を共有することで、広がる世界が目の前に広がっていると思う。


僕の著書「数字が読めると本当に儲かるんですか?」でも、包み隠さず書いています。


古屋悟司の気づきと備忘録

管理会計とマーケティング。 商売している目線で見た気づきを共有します。

0コメント

  • 1000 / 1000