古屋悟司@やっと新しいTwitterアカウント再始動!

人気の花屋「ゲキハナ」を運営。1973年生まれ
2004年順調だった営業マンを辞め、たった1ヶ月の研修ののち、花屋を開業。
いきなり閑古鳥が鳴くようになり、背水の陣でネット販売に着手。
売上はうなぎ上りになったが、数年後、決算書を見るとずっと赤字だった事に愕然とする。
その後、会計を学んだことをきっかけに、倒産の危機を乗り越え、V字回復に成功。
以降、黒字を継続中。現在はゲキハナの運営に加えて、「黒字会計.jp」のサイト運営や管理会計ソフトの販売を通じて、小さな会社を中心に「黒字化のノウハウ」を紹介してい

最低賃金が上がりました 〜「社員の給与をどう上げていけば良いのか問題」をチャンスに変えるには?〜

10月1日に地域別最低賃金の改定が行われて、パートさんなどの最低時給が上がりました。

東京だと985円/1h です。時給1000円に迫る勢いですけど、飲食業なんかだと、1000円出しても人が来ないなんてことはザラですよね。

働き方改革も含めて、残業なし、休日増やして、給料を上げていく流れは今後も高まっていくと思います。そんな中で、社員の給与をどうやって上げていこうかと、頭を悩ます経営者の方も多いんじゃないでしょうか。


世の中の流れとしては、バブル期以降の好景気だそうですが、それも一部の業種に集約されている感じがあるので、その恩恵を受けている業種は限られています。普通の小売店は今までと変わらずなところも多いはず。

さらに、原材料費や送料、商品の仕入れ代金も値上がりして、それを販売価格に転嫁できないでいるお店も結構あると思います。

その状況の中で、人件費をさらに上げていくのはきついですよね。原資がある会社の方が少ないというのが現状です。


給料を上げていくことと、商品を値上げすることはとてもよく似ているなと思います。

例えば、商品を単純に値上げすると、売れ行きが鈍ることの方が多いです。だから、会社の利益を圧迫します。

人件費を単純に上げただけだと、やっぱり同じように利益を圧迫してしまうわけです。


上手に商品値上げするには、商品の価値を高めるしかないわけです。ということは、自社の人材の価値が高まらないと給与を上げることはできないですよね。

「そりゃ本人のやる気が・・・。」とか考えてしまうのもわかるのですが、そこをなんとか上手に育てていくのが、経営者や上司の方、僕も含め、いわゆるマネジメントする立場の人の仕事。


せっかくの良い機会なので、社員さんやパートさんのスキルアップややる気アップを引き出して、最終的に会社が増益すれば、給与を高めて上げることは可能です。これをチャンスと捉えるか、問題として捉えるかで大きく変わってくるんじゃないかと思います。

自社の利益をさらに上げるためのチャンスとして捉えて実行していく人と、頭を悩ませる問題がさらに増えたと思う人とでは、行動も結果も変わってくると思うんです。


例えば、問題は最低でも3つあると思います。


1)スキルアップや能力(強み)を引き出すにはどうすれば良いのか?

2)モチベーションを高めるにはどうすれば良いのか?

3)増益するための最短ルートをどう設計すれば良いのか?


さらに困ったことに、すでに最低賃金は上がっているので、上記3つの問題をできるだけ早く解決しなければならないわけですよね。

それをチャンスと捉えれば、こんな風に言い換えられるわけです!


1)スキルアップや能力(強み)を引き出すチャンス!

2)モチベーションを高めるチャンス!

3)増益するための最短ルートをどう設計するチャンス!


全然見え方が違いますよね!



それぞれを説明にするには、結構壮大な内容になりそうなんで、各回に分けて書いていきたいと思います。


簡単にいうと、目標(ゴール)設定のとそのプロセスをどう設定するか問題です。そして、どんな方法を使って、増益やスキルアップを達成していくのか。それがとても大事になると思っています。


今回のゴールは「どう給与を上げていくのか?」という問題なので、今ある現実は「給与が低い」という事実です。そして、そこからいくらに上げていきたいのか?という問いを立てわけです。

その時にルールとして「残業しない」「休日出勤しない」などの縛りがある状態で、何をどうやっていくのかのプロセスを決めていきます。

最終的には、行動計画、実行計画まで落とし込んでいき、みんなで増益を達成できると、経営者も含めハッピーになるというハッピーエンドがあれば最高!


今現在、ノウハウ的な話を一切していないので、ぼんやりとした内容に聞こえるかもしれませんが、やり方自体を次回からは書いていきたいと思います。




問題点のあぶり出しから、実行計画作成までのお手伝いをしています

古屋悟司のV字回復研究所

僕自身、倒産の危機を何度か経験し、その度に前向きに取り組み、いろいろな方のアドバイスにより、V字回復を果たしてきました。業績が落ち込む理由は様々ですが、外的要員で業績が落ち込んだ時は、当たりどころのない怒りや、この先どうなるかわからない不安がついて回ります。お金のことや、売上のことは、友達が多くても、相談しにくいのが実際のところです。相談しにくいからこそ、情報も乏しく、何をどうして良いのかがわかりません。僕自身がどうやってそれを切り抜けてきたのか。その経験がお役に立つのではないかと考えました。また、精神的にも不安で夜も眠れない、寝てもまた寝汗をかいて目が覚めてしまう。胸のあたりが常にモヤモヤしている。その気持ちに寄り添うことができればと思い、この事業を立ち上げました。 会社は、なかなか潰れません。諦めたところが終わるときです。資金繰りに行き詰まってしまっても、やり方は何通りもあります。僕が経験して、実際によかったと思う方法を、すぐに実践に移せます。また、これだけは絶対にやらないほうが良い。ということも同時にあります。常にポジティブにいきましょう!なんて無責任なことは言いません。もちろんポジティブであることは大切なことかもしれませんが、落ち込んだ気持ちを無理に引っ張り上げたところで、何の解決にもならないことは、誰の目から見ても明白です。 決算書を見て、何が問題なのか。ビジネスモデルを見て、何が問題なのか。今販売している市場を見て、本当に適切なのか。今の価格で利益は出るのか?諸経費は適切な状態なのか?チェックすべき項目はたくさんあります。短期的に結果が出る方法も、中期的に見て、取り組む課題も、会社ごとに異なります。決算書も見ずに、こうしたほうがいい、ああしたほうがいいなど、簡単には解決できないこともたくさんあります。絡まった糸をほぐすように、1つづつチェックして、回復するための施策を一緒に考えましょう。もちろん、一番大切なのは、社長自身の改善に向けての「決意」です。何がなんでも改善するんだという、強い意志があってこそ、V字回復は可能になります。単純に資金不足で悩んでいる場合には、早いケースでは1ヶ月で解決できる場合もあります。また、僕が経験した「ビジネスモデルの欠陥」による赤字体質の改善には、糸口がしっかり見えるまでは、半年から1年かかる場合もあります。もちろん、V字回

furuyasatoshi.com


経営者も含め、社員とともに利益の話ができるようになる会社は強いですよね!

古屋悟司の気づきと備忘録

管理会計とマーケティング。 商売している目線で見た気づきを共有します。

0コメント

  • 1000 / 1000