値上げをするのは利益を確保するためだけど、何個売れば値上げ効果があったのかを知る方法はこれ。ただし、商品価値も一緒に高めないと、値上げはただの迷惑だよね。

昨日は、大阪で管理会計のセミナーをやったんですけど、そこで出た話題で、

値上げしたはいいけど、成功したのか失敗したのかを計る指標って?と言う話題になり、そのお話を少ししようと思います。

値上げ前の商品の限界利益と、値上げ後の限界利益、これを比べるだけで、十分わかるんですけど、「限界利益ってなんやねん!!」と言う方は、この本を読んでくだされ。

基準となる商品を決めて、次にその商品を値上げした場合を考えていけばいいんですけど、単純明快にするために、通常100個売れる商品だと仮定しますね。


Aと言う商品、販売価格は送料込み1000円、仕入れが600円、実質かかる送料が100円、資材に50円、楽天のロイヤリティやらカード決済手数料をひっくるめて8.5%だとして85円。


1個売れると、限界利益は165円と言う計算になります。

で、これが100個売れるわけだから、100個売れた時の限界利益は16500円。


この商品を200円値上げして、1200円にした場合、

販売価格は送料込み1200円、仕入れが600円、実質かかる送料が100円、資材に50円、楽天のロイヤリティやらカード決済手数料をひっくるめて8.5%だとして102円。


1個売れた時の限界利益は348円。


販売価格1000円の時の限界利益100個分÷値上げ後の限界利益1個ぶん=何個売れると同じ限界利益になるか?が出てきます。


16500円÷348円=48個(47.4個)と言う答えが出てくるので、仮に100個売れてた商品は、値上げ後、48個まで減ってしまっても、同じ利益が確保できると言う計算になるんですね〜。


でもね、逆に、40個しか売れなくなっちゃった、とかなっちゃうと、値上げは失敗。

なので、ボーダーラインが47個と言うことになります。

アメーバ経営の話をしてくれた、ヨナイ(佐々木伸一くん)も言ってたけど、値上げしたら、しっぱなしで、計算しないと痛い目見るぞと。


そして、僕の持論としては、「値上げは実質的な値下げであるべき」と言うのがあって、値上げ分以上の、価値が付加された状態を作ってないとダメだよなーと思っています。


例えば、レビューが溜まるまでは、利益率を低めに設定して、しっかりとレビューが溜まり、お客さんがしっかりと満足してくれている状態で値上げ。

これは、評判という価値が高まっているので、ありだと思う。


また、品質をさらによくすることができたら、その分値上げでも良いと思う。


でも、何も変わっちゃいないのに、単純に値上げをされたら、そりゃ、僕だって嫌なものは嫌。t会よりも安い方が嬉しいに決まってる。


一昔前は、「大量生産が可能になり、コストダウンに成功しました!」と言って、値下げをしていく会社がたくさんありました。でもそれは、大量生産、大量消費が可能だった時代だからこその売り方。

でも僕らは、それに慣れて育ってしまったから、それが当たり前のような気がするけど、そもそも、大量消費の時代ではないい現在は、それをやってしまうと収益性が悪化してしまって、健全な経営が成り立たなくなっちゃう。


儲からなくて忙しい。この状態って、お客さんに対して、一番迷惑な状態だと思っています。電話のお問い合わせすら、きちんと時間を割く(人件費を割く)ということができなくなっちゃうわけ。

だから、それって「安いんだから、少し我慢してよ」という思考に陥りがちになってしまう。


そもそも、なんのために商売やってんの?ってところがスポーンと抜けちゃうきっかけにもなるし、そもそも僕がそう思っていた過去があったんですよね。


だから、喜んで電話でお問い合わせにご対応できるような状態を作るには、利益出すしかないんですよね。利益出てれば、30分、1時間、お客さんと雑談したって、その分の人件費を割くことができますから。


0コメント

  • 1000 / 1000