タンメン食べながら、ラーメン屋さんであれこれ計算してみた話。ビール100円引きにしたら、何杯売れば、値引きした甲斐があるんだろう?

今日ね、お盆なんで、「お盆と言えばタンメンだよね〜」と思って、食べたんですよね。

え?わからない??


お盆とかけまして

タンメンと解きます

その心は


野菜(家祭)で喜んでいただきましょう〜

家祭→お盆の時はお家の仏壇を祭壇みたいにして、ご先祖様をお迎えするんですよー!



ということで、知的な謎かけから始まりましたけども、

タンメン食べてたら、こんなポップが目に入りまして

このお店、攻めてるね〜〜!と思ったんですよね。

生ビール490円のところ390円!!攻めてる!飲みたいおじさんたちには嬉しいですね!!


でね、

これ、原価が仮に1杯100円だとしてね。

490円で1日100杯売れてるとしたら、390円に値下げした場合

何杯売れば、値下げの効果があったか??


次のうち、どれだと思いますか?


①125杯

②135杯

③145杯

④155杯

⑤165杯







<答えは、この続きに>



これ、計算してみようと思ったんです。


ビール1杯の販売価格 − 原価 = 粗利 ですから

490円 − 100円 = 390円


で、1日あたり100杯売れるわけですから、粗利は・・・。

390円×100杯=39,000円 です。


この粗利を抜くことができれば、

値引きした効果があるってこと。


一方、100円値引きして、販売価格は390円ですから、

原価100円を引くと


販売価格390円−原価100円=290円


さて、とりあえず、同じ数量だけ売れても

290円×100杯=29,000円 なので、かなりショートしてしまいます。


とりあえず、同じ粗利を稼ぐには、どれくらいいいかを考えてみます。


定価での粗利39,000円÷値引き後の粗利290円=134.48...


ざっくり、135杯で、やっと通常時の粗利とほぼ同等になるという計算になりました。



なので、まぁ、150杯とか売れれば、粗利は合計で43,500円になるので、

やった甲斐はあったよね〜、という感じになるのかなと思いました。


ちなみに、洗い場はいつもより1.5倍忙しくなりますけどね!(ここ結構重要)


ここまでで、売り上げの話って一切出てこないんです。

そーなんです。僕も色々計算しているうちに気づいたんですが

売り上げって結果であって、目的じゃないんですよね。


ここで、一つの疑問が。(話は変わります)


1杯目の金額を下げて、出る数を増やそうという施策なので、

ビール飲もうかどうしようか迷っている人の背中を押す施策。


でも、そもそも、何もしなくても100杯は売れるわけですから、

迷っている人は、それ以外の人です。


迷っている人を拾う施策を取るよりも

2杯目を安くしてあげて、おかわりビール390円!(おかわりサンキュー!)

の方が、伸びるんじゃないかなー?という仮説を立ててみたりしながら、

タンメン食べつつ、ニヤニヤしてました(笑)


ちなみに、もしも、これが楽天出店してた場合


送料や、ロイヤリティ、カード決済手数料、クーポン、ポイントなどが入ってくるので

結構計算が複雑になってきます。(基本的には同じ計算ですけど)


ちなみに、ここに広告を出稿した場合、キャッシュフロー(資金繰り)も複雑化します。

適当にやっていると、一瞬で死亡できるのも楽天の料率体系だったりするので

(まあ、ここは、ハリボテ式に色々増えてきた部分なので、わざとやっているわけではないと思う)


きっちり計算するのがめんどくさい僕は、

基本的に広告なしにしたり、ポイント倍付けもしないようにすることで、シンプルにしました。

だって、めんどくさいんだもん(笑)


そんな計算をみんなでしまくってしまおう!というセミナーがこれ!!

↓ ↓ ↓ 計算が苦手で、実質落とし込めてないよなーという方に向いています ↓ ↓ ↓

古屋悟司の気づきと備忘録

管理会計とマーケティングと旨いもの。 商売している目線で見た気づきを共有します。

0コメント

  • 1000 / 1000