運賃が350円値上がりしたら、350円値上げしても、同じ利益が出てこないことに気づいてしまったシミュレーション

特に、楽天さんなどモールに出店している場合、今回の衝撃の事実が当てはまるわけなんだけど、数字に強めな人は直感的にわかるので、読む必要はないと思います。

でも、僕みたいに、なんでもちゃんと計算をしないと、理解できない数字が苦手な人にとっては、「運賃値上げ?あぁ、上がったぶんだけ値上げしなくちゃだよね。」と思うわけで、僕もそう思ってました。


最低でも180円定価が値上がりするし、僕のところにもヤマトさんが、「すいません、値上げさせてください」と6月の段階でやってきた。

幸い、うちの場合は出荷する場所が100カ所を超えているので、値上げの御達しが来たところとこないところがある。しかも、3年前にかなり値上げされていることもあるし、出荷量も多いわけではないので、場所によりけり。まあ、時間の問題だと思うんだけど。


運賃値上げされたら、自分のところも値上げをしなくちゃいけない。


こればっかりは、シブシブやらなければならないので、いやでも今向き合わなければならない問題。気が重いけど。


そこで、限界利益がどれぐらい変化するのかをシミュレーションしてみたわけです。

うちは荷物自体が大きいので、運賃も高め、ほぼ定価になるような箇所もあるので、こんな感じでやってみました。


現状の運賃850円→値上げ後1200円

この条件でシミュレーションを進めますね


まず、現状の限界利益を求めてみました。


<送料込5000円の商品が1個売れた場合>

■現状

売上5,000円−原価1200円−箱代300円−外注費100円−送料850円−楽天費425円

=限界利益は2125円(これが基準)

※楽天費はスタンダードプラン8.5%、ライトプラン10%、がんばれプラン11%くらい


■運賃値上げされたけど、値上げしなかった場合

売上5,000円−原価1200円−箱代300円−外注費100円−送料1200円−楽天費425円

=限界利益は1,775円


当然、350円の値上げ分、限界利益が減りますわな。

仮に年商1億で平均売上単価5000円のお店の場合、売上個数は2万個なので

350円×20000=700万円 の利益が減少するので、会社が潰れてもおかしくない状況になってしまうわけで、正直今回の運賃値上げって、背中からナイフでぐっさり刺されているようなもん。


もちろん、値上げは必至なわけで、こればっかりはもう、逃げようがない。


そこで、値上がり分をなんとか埋めようと、350円値上げしたとすると

■350円値上げした場合

売上5,350円−原価1200円−箱代300円−外注費100円−送料1200円−楽天費454円

=限界利益は2,096円


あれ?


限界利益は2125円にならない。。。汗

ビビりながら値上げするっていうのに、思い切って値上げしても、差が埋まらない・・・。


この差分はなんだ???


とよく考えてみると、楽天費って売り上げに対してかかるから、売り上げが上がれば額も上がるわけで。。。


運賃値上げ分、350円を値上げしても、限界利益が減少しちゃうんだ・・・。

差額がいくらなのか計算してみると


2096円−2125円=△29円


1個売れるごとに、29円利益が減少してしまう。わずか29円だし、この辺りはお客さんにもサービスってことで、目をつぶっておこうかな?とか、一瞬思いました。

でも、この29円のインパクトって、どれくらいなのか、一応計算しておこうかな。と思って、計算してみると。


△29円×年間個数 2万個=58万円


え????


ごじゅうはちまんえん???


やばいわこれ、地味にやばい・・・・。


純利益が58万円も吹っ飛んだら、中小零細である僕らは一気に傾いちゃう。

そもそも、それなりに切り詰めて運営しているわけだし、「10円安くなるから」と、仕入れ個数をあげたりとかしているような世界で。価格競争とかしている人は、5円下をくぐったりとかして、最安値とか目指しているわけですよ。

さして計算もせずに、シブシブ「値上げ分だけ値上げが精一杯だよな・・・。」とかやってたら、これ、本気でやばいよね。


値上げするのは怖い。特に主力商品の場合、売れなくなってしまったらどうしようっていう不安があったら、夜も眠れない。これ、ほんとよくわかる。

(昨日のセミナー後の懇親会でもそんな話がちらほら)


今回の運賃値上げに対して、お客さん思いのお店が、頑張っちゃう(値上げしない)という方向で動いた時が一番怖いなと思うし。

さらに、値上げ分だけ値上げしておけばいいかな?と値上げしたのに、なんか業績が落ちちゃったとか、資金繰りがおかしくなったとか、そういう状況も考えられるわけで。


こりゃ本気でやばいよなと。他人事ではいられないし、さらにそこに楽天ペイが導入されて、利率が変わってしまうという流れ。


昨日のセミナーに出てくれた方達とは、この情報を共有できたのでよかったけど、改めて思うのは、細かく計算して、自分の会社を守らねばということなんですよね。


楽天さんも、自分のところの業績を伸ばす守るために、様々なことをやっているし、ヤマトさんや佐川さんだってそれは同じ。繋がっている会社である場所が本気で取り組んでいるわけだから、本気でやらないとですよね。


これを、どうやってお客さんに理解してもらうかが、一番の問題だよなぁ。



8月17日 1dayワークショップ

0コメント

  • 1000 / 1000